外壁塗装

できるだけ安く外壁塗装をしてもらうには

東京で外壁塗装をしてもらいたいけれども、外壁塗装をしてもらうのであれば、できるだけ安く外壁塗装をしてもらいたいという人はたくさんいると思います。そのような人は、どのようにして外壁塗装をしてもらう業者を選んでいけば、東京で外壁塗装をできるだけ安くできるのかを知っておくべきです。
まず、いろいろな外壁塗装をしてくれる業者に見積もりを依頼してみるということです。見積もりというのは、どこの業者でも無料で行ってくれるので、安心して見積もりを依頼してもらってください。見積もりを依頼してもらったら、どれくらい外壁塗装をするのに費用が掛かるのかということが書いてあります。このように外壁塗装の概算が分かったのであれば、一番安い見積金額を提示してくれた東京の外壁塗装業者を利用していったほうが良いと考えられます。そうすれば、できるだけ安く外壁塗装をしてもらうことができます。
次に、外壁塗装の業者に、これ以上安くならないのかという値段交渉をしてみるということです。最近では外壁塗装の業者はどんどん増えてきているので、どこの業者も仕事をとることに必死なのです。だから、外壁塗装の値段交渉をしたら、成功する可能性が高いと言えます。だから、値段交渉はしてみる価値があります。

外壁塗装の劣化の原因

東京で外壁塗装してから10年程度経つと、塗装表面が徐々に劣化してきます。塗装の表面を手のひらで擦ると、白い粉がつくことがあります。塗装したばかりのときは、もちろんこのような粉はつきません。これは人間の皮膚でいうと、肌荒れで角質層が剥がれ、白く粉を吹いたような状態なのです。冬になり乾燥してくると、スネが白くなりますよね。また、劣化がさらに進むと、塗装がひび割れたりはがれ落ちたりしてしまいます。
では、どうして塗膜は劣化するのでしょうか。塗膜の劣化の原因は、自然の力によるものが多いです。中でも一番大きな影響を与えるのが、日光です。人間の皮膚と同様に、外壁の塗膜も太陽の紫外線により劣化していきます。さらに、大雨や強風、地震の揺れ、潮風によって傷みます。自然の力以外では、近隣に幹線道路があればたくさんの車から出される排ガス、そしてトラックによる振動も塗膜に悪影響を及ぼします。東京では特に影響が大きいです。
さらに、塗装にひび割れがあれば、そこから雨水が壁より内部に浸入していきます。小さなひび割れでも、長時間雨が降った場合は大量の雨漏りとなるので侮れません。雨漏りすると、塗装の表面にも内部にもカビが生えることがあります。壁が黒ずんできたなと感じたら、雨漏りの影響を考えましょう。このように、外壁塗装は年数が経てばどうしても劣化してしまいます。特に東京では劣化を放置しないで、早めに外壁塗装をする必要があります。

外壁の塗り替えタイミング

東京で外壁塗装をしてから10年も経てば、見た目がだんだんと薄汚れてきます。しかし、汚れてきたからと言って、塗り替えのタイミングがきたわけではありません。気持ちよく住むためには見た目も大切ですが、塗り替えのタイミングとしては正解ではありません。東京で外壁の塗り替えのタイミングとしてよく聞くのは、壁を濡れた雑巾でこすってみて、白い粉が着いたときです。しかし、これもよくあることなので、外壁塗装を考えるには早計です。
次に、外壁のひび割れです。モルタルの壁を採用しているお家の場合、窓の端からひび割れしているのを見かけると思います。ひび割れしていると、塗り替えの黄色信号点滅です。ひび割れは大きさよりもその深さに注意しなければなりません。
というのは、ひび割れから雨漏りしてしまうからです。雨漏りは、木造建築にとって命取りです。なぜなら、家の構造から腐らせてしまうからです。そうなれば、もう塗り替えどころではありません。雨漏りで腐った柱を部分的に取り換えるなどの大掛かりな工事が必要になります。
つまり、塗り替えのタイミングは雨漏りしはじめると赤信号なのです。雨漏りの後では家の寿命も縮み、費用も余計にかかってしまいます。ひび割れが見つかったら早めに東京で外壁塗装の診断などを受けましょう。

Update Posts

Topics

TOP